【大阪】リベンジ!巨大獅子のいる神社。難波八阪神社

狛犬ならぬ狛狐”フォックス面”こと

どうもNAOTO#yama7010nao)です。

フォックス面についてはこちら

 

昨年、大阪難波にて巨大獅子がいるという難波八坂神社に行きました。

まさかの閉まっているという。

今年も大阪に行ってきたのでリベンジしてきました。

難波八坂神社の巨大獅子

昨年同様、難波八坂神社に行ってきます。

見覚えのある道を進むと

開いているぞぉぉぉぉ!

これは結構嬉しいです。

ドキドキしながら中に入ると

どん。

どどん!

でかい!!

獅子殿について
 高きは十二メートル奥行き七メートル幅七メートル 昭和四十九年(一九七四年)五月本殿竣工と共に完成されました。

 鉄骨・鉄筋コンクリート殿内一部木造 外観は銅粉吹き付け合成樹脂仕上げ 内部神殿には 御祭神 素盞嗚尊の荒魂を祀る、唐櫃上加賀獅子一対奉安、獅子の二十四の歯、目の周りは、真鍮製 折腰格天井にはめ込まれている鳳凰の彫刻は、全て手彫りでその意匠が異なっております。又目はライト、鼻はスピーカーの役割を果たしております。

HPより

境内はこんな感じ。

参拝者も多いです。

巨大獅子は横からもしっかりと凛々しいです。

何はともあれ今年は無事見れてよかったです。

難波八阪神社へのアクセス

場所 難波八阪神社

住所 大阪市浪速区元町2-9-19

開門時間 6:30〜17:00

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA