渋谷のオアシス?日本一小さい植物園で自然に触れてきた。

狛犬ならぬ狛狐”フォックス面”こと

どうもNAOTO#yama7010nao)です。

フォックス面についてはこちら

 

普段どれくらい自然に触れていますか?

都会ではなかなか自然に触れ合う機会ってないですよね。

そんな中、日本の若者が集う街”渋谷”に植物園があるらしい。

しかも日本一小さい植物園らしい。

こんな大都会の真ん中で自然に触れ合えるなら行くしかない。

 

日本一小さい植物園 渋谷区ふれあい植物センター

日本一小さい植物園があるのは渋谷と恵比寿の中間あたり。

完全にオシャレタウンに挟まれています。

渋谷駅で降り、地図を頼りに歩くこと約10分。

渋谷でも全く行ったことないような道を歩いていると案内板を発見。

奥を見ると、

あった。

これでもかと言わんばかりに自然が溢れ出ています。

そもそも植物園に行ったことがないので、小さいのか大きいのかわかりません。

早速入ってみます。

 

渋谷区ふれあい植物センターの料金

入園料はこの通り。

一般は100円。

年パスは破格の1000円。

テーマパークよりもお手頃価格です。

また周辺の区内在住の方など無料で入れる方もいるのでHPなど確認してみてください。

ちなみに10月1日「平和・国際都市 渋谷の日」無料開放です。

 

受付で100円払い入園します。

施設内はフロアごとに分けられています。

一階から見ていきます。

 

1Fグリーンガーデン

1Fはグリーンガーデン。

入るとまず、蒸し暑い。

ぬるいサウナ状態。

植物の生活環境に合わせて温室空間です。

軽く汗ばむ温度。

進むとオシャレなガーデニングや水槽。

ワニガメとピラニアがいます。

こちらはホタルの郷。

ホタルを飼育していて初夏にはガーデン内を飛び交あうそうです。

ホタル鑑賞会もイベントでやっています。

そして溢れるグリーン。

世界で一番大きい花 ラフレシア(模型)

バオバブ

マングローブ

などなど約200種の植物があります。

自然に囲まれて休憩もできるので安心。

インスタ映えスポットもあるので若い人も楽しめます。

上からは大量のミスト。

全体の様子↓(2Fからの撮影)

2Fまではそのまま階段で登れます。

 

2F展示・実習・学習コーナー

2Fでは植物や自然について学ぶことができます。

見て読んで学べる展示・イベント・図書コーナー

体験して学ぶ実習室

ありがたいことに麦茶も飲めるので自然を見ながら学びながら麦茶で一息つきましょう。

色々学んだところで3Fに行ってみます。

 

3Fグリーンホール・ハーブガーデン

グリーンホール

講座やイベントを行う多目的ホール。

テラスはハーブガーデンになっています。

レモングラス

ナツメグ

おなじみのハーブから珍しいハーブまで様々です。

 

この日は4Fは行けませんでした。

 

久しぶりに自然に触れたことでなんだか心が穏やかになりました。

日本一小さいことを感じさせませんでした。

大都会で仕事や人ごみに疲れた時にぜひ行ってみては?

デートや子供と一緒に行くのも良さそうですね。

 

渋谷区ふれあい植物センター

お店 渋谷区ふれあい植物センター

住所 東京都渋谷区東2-25-37

入園料 100円

    年間パスポート1000円

    周辺区民無料

時間 10:00~18:00(入場は17:30まで)

休園日 月曜日(祝日または振替休日の場合は翌平日)

    臨時閉園:12月28日 15:00~18:00(入場は14:30まで)

    年末年始:12月29日~1月3日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA