【牛丼最安値】牛丼太郎唯一の生き残り”丼太郎”を知っていますか?

狛犬ならぬ狛狐”フォックス面”こと

どうもNAOTO#yama7010nao)です。

フォックス面についてはこちら

 

※このスポットは自粛要請前に伺いました。

 

今や牛丼といえば速く・安く・おいしいの三拍子。

みなさんの身近な存在です。

牛丼好きの人も多いのではないですか?

各大手チェーン店はどの街にもあり、人気のお店です。

好みのお店もあると思います。

では牛丼好きのみなさん。

丼太郎(どんぶりたろう)をご存知ですか?

牛丼太郎唯一の生き残り丼太郎 茗荷谷店

牛丼太郎は2012年まで東京都内で牛丼を提供していました。

その牛丼太郎の唯一の生き残りが丼太郎なのだ。

牛丼太郎(ぎゅうどんたろう)は、日本にかつて存在した、牛丼をメイン商品とする飲食店。

2012年8月11日、東京23区内に残存していた全ての店舗が牛丼太郎としての営業を終了。そのうち2店舗は翌8月12日以降、外看板の「牛」の文字を隠し、株式会社丸光が経営する「丼太郎」(どんぶりたろう)に変更して営業を続行。そのうち1店舗は2015年3月31日に閉店し、2015年現在営業しているのは1店舗(茗荷谷店)のみとなっている。

-Wikipediaより

牛丼太郎から丼太郎へと名前を変えながらも生き残っているのだ。

丼太郎を知らずして牛丼好きは語れない。

NAOTOは2015年に東京に上京したので牛丼太郎すら知りません。

丼太郎 茗荷谷(みょうがたに)店

丼太郎は現在、東京・茗荷谷店のみ。

東京メトロ・丸ノ内線 茗荷谷駅徒歩1分にあります。

早速行ってみると

噂の丼太郎。

”牛”をテープで隠しただけです。

『味と値段と速さで勝負するんだ!』

と言わんばかりの闘志が伝わってきます。

この金太郎?牛太郎?がなんだかかわいいです。

丼太郎メニュー

丼太郎のメニューは、

牛丼をメインにカレー、そしてなんだか珍しい納豆丼、朝定食(6:00~11:00)です。

丼太郎の中でもこのとくとくセット(肉2倍・ライス大盛)が人気のようです。

これで¥550は確かのお得だ。

そしてよくみてみると牛丼並盛り¥290

このご時世にこの値段は安すぎる。

大手チェーン店でも¥300以上はするというのに、なんてお客様思いなんだ…。

丼太郎自体初めてなのでどのメニューも気になりますがここは初心を忘れず牛丼にしました。

速すぎる丼太郎¥290牛丼

注文は販売機で食券スタイルです。

席もザ・牛丼屋っと行った感じにカウンターのみ。

これでいいんだ。

お金を入れて、店内or持ち帰りを押してメニューを選択。

牛丼並一択です。

席につき食券を店員に渡します。

ここからが丼太郎の真骨頂。

食券を渡して10秒でセットの味噌汁が出てきました。

これだけでも速いですが

「まぁ味噌汁だからな」

と余裕ぶっていると

20秒後には牛丼が出てきました。

※大袈裟に表現しているわけではありません

これには速すぎてさすがに目が点に…。

牛丼店で過去最高タイムを打ち出してきました。

初の丼太郎。心の準備もできず完全に丼太郎ペースに飲み込まれました。

気を取り直し勢いのまま牛丼に食いつきます。

うまい。

このザ・牛丼店っといった味がいいんだ。

味噌汁も濃すぎず、ほどよく牛丼の脂を流し込めます。

気がつけば完食。

 

牛丼屋は、速く・安く・おいしくの三拍子だと思っていました。

が、丼太郎は

速すぎる・安すぎる・おいしい

でした。

想像を超えてきた丼太郎。

丼太郎のために茗荷谷まで行ってもいいかもしれません。

丼太郎このまま生き残ってくれ。

次はとくとくセットいただきます。

丼太郎茗荷谷店へのアクセス

お店  丼太郎茗荷谷店

住所 東京都文京区小日向4-5-9

営業時間 平日 6時〜23時

     土曜日 6時〜16時

     日・祝日 10時〜22時

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA