浅草で革の世界が見れる?世界のカバン博物館で革の匂いを感じてきた。

狛犬ならぬ狛狐”フォックス面”こと

どうもNAOTO#yama7010nao)です。

フォックス面についてはこちら

 

旅行の時に使うスーツケース

動きが多い時に楽なリュックサック

ちょっとしたお出かけにポーチ

生活の中に様々な”カバン”が溢れています。

用途も素材も国によっても違うカバン。

そんなカバンがたくさん見れる博物館があった。

カバンの全てを知れる世界のカバン博物館

様々なカバンを手掛けるエースさんが運営しています。

世界のカバン博物館はエース株式会社東京店にあります。

早速行ってみましょう。

浅草駅すぐ近く

浅草駅近くにあります。

浅草ならこちらも

 

綺麗なビルがあり入るのに躊躇してしまいます。

中で博物館に来たと伝えて入館書をもらいます。

 

パンフレットを受け取り7階にあがります。

革の匂いが!

入ると早速無数のカバンが。

カバンの歴史も。

紀元前30世紀からカバンは使われているそうです。

すごいなー。

カバンの作り方や部品も展示しています。

ファスナーだけでもこの種類。

これもカバンに属するそうです。

長持(ながもち):室町時代の大型の収納具。

そしてこれも

もう家じゃん!!

ワードロープトランク:

運ぶ洋服タンスの機能があり長期間の船旅に使われていました。

これを運ぶなら荷物を減らしたい…

 

国別のカバン

日本のカバンはもちろん、

アジア・ヨーロッパ・アメリカ・オセアニア・アフリカといろんなカバンを見ることもできます。

柄も素材も全然違いますね。

なんか旅した気分になります。

カバンの質問箱

カバンについての質問や豆知識があります。

例えば

Q.バッグを濡らしてしまったら?

A.すぐに水気を取り、型くずれしないように注意

 

覚えていたら為になる知識がたくさんありました。

著名人のカバン

著名人が愛用していたカバンも飾っていました。

↑福原愛さんがアテネオリンピックで使用したケース

↑長嶋茂雄さんのスポーツバッグ

↑羽生結弦選手のトローリーバッグとバリース

↑アントニオ猪木さんのボストンバッグ

 

ファンならこれだけでも興奮しますね。

 

カバン職人になりたい人・新しいカバンが欲しい人ぜひ一度行ってみては?

アクセス

名前 世界のカバン博物館

住所 東京都台東区駒形1丁目8−10

時間 10時〜16:30

休館日 日曜・祝日

入館料 無料

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA