【香港】一人旅でも泊まれる香港ゲストハウス。ゲストハウスは高層階を狙え!香港はアレとアレが近い?

狛犬ならぬ狛狐”フォックス面”こと

どうもNAOTO#yama7010nao)です。

フォックス面についてはこちら

 

前回、重慶大厦を紹介しました。

今回は重慶大厦内のゲストハウス合わせて3つのゲストハウスに泊まりました。

基本的には寝られればいいスタンスなのでとにかく安く!で泊まっています。

今回は香港の泊まった3件を紹介します。

 

香港のゲストハウスは高層階を狙え

これまで東南アジアのゲストハウスにいくつか泊まってきましたが気になるのがなんと言っても虫。

設備・広さどうこうよりもやっぱり虫が気になります。

暖かい気候や衛生環境によって特にGの存在は切っても切り離せません。

(これまで何度Gと寝たことか…)

虫の好き嫌いに関係なくGと一緒に過ごすのは避けたい。

そんな中 香港は土地柄・歴史的にも高層の物件が多いです。

高ければ高いほどGが出にくくなります(自論)

ホテルや高層物件では上に行くほど料金が高くなる傾向がありますが香港の?ゲストハウスは階数というよりはゲストハウスごとの値段なので特に変わりません。

香港に限らずですが宿は高層階を狙いましょう。

今回はBooking.comで予約しました。

 

Urban Pack

まずは

Urban Pack(アーバンパック) ゲストハウス。

尖沙咀の海防大廈(haiphong mansion)の14階にあります。

↑尖沙咀までの行き方はこちらを

エレベーターで14階に上がると案内があります。

初めての方はドアのチャイムを鳴らすとスタッフが開けてくれます。

 

まずはフロントでチェックイン。

ここでデポジットを支払うのですが(チェックアウト時に返却)ここは

・写真ID(運転免許書・学生書)

・3000円

・HKD$200

のどれかを選びます。

普通の宿ではその国のお金を預けるのですが

香港に着いて少額しか両替していない状況だったのでこれは嬉しい。

しかも日本円が可能であったり日本語で書いてあったりで安心です。

今回は手持ちのHOD$が無かったので3000円を預けました。

チェックインが終わると部屋に案内されます。

部屋は1つ上の15階。

全てオートロックでカードに書いてあるパスワードで出入りします。

今回は8人部屋ドミトリー。

PINK ROOMです。

部屋に入るときは先ほどのカードがルームキーとなっているのでかざすと入れます。

 

設備は?

2段ベットの上 ベット5。

作りがしっかりしていたので揺れも気にならないです。

カーテンレールや各ベットに照明・コンセントもあるので安心。

PINK ROOMの向かいに女性専用ドミもあり楽しそうに女子会が開催されていました。

仲間同士でドミトリーも楽しそう。

共用トイレ・シャワー(お湯可)・洗面台が二つずつあり、ドライヤーもあります。

その他少し共有スペースとベランダで喫煙も可能です。

設備も環境も問題なし!というより期待以上でした。

 

デザイン性が高い!

今見ただけでもシンプルでおしゃれな感じがあったのですがUrban Packのいいところがもう一つ!

今紹介した部屋を出て向かいの部屋に広い共有ルームがあります。

ここがマジでおしゃれ!!

入るとチョークで色々書いていてキッチンがあります。

ゲストハウスだとキッチンもそこまで珍しくないですね。

そしてこのまま奥に進むと…

なんだこのおしゃれ空間は!

ピンクのネオンに照らされなんだかいい雰囲気を醸し出しています。

(こっちの方がPINK ROOM感)

ソファーの向かいにテレビや雑誌がありゆっくりくつろげます。

PCも使えます。

一気にテラハ感笑

正直ここはインスタ映えします。

ここでご飯を食べるもよし。

談笑するもよし。

リラックスしすぎて寝落ちしないように気をつけましょう。

この日はゆっくり寝ることができました。

ちなみにチェックアウト後、お昼過ぎまで荷物を置いておけるので次の宿のチャックインまで大荷物を持たなくてもいいのでありがたい。

 

コスパ・設備・デザイン性も良しのUrban Pack

正直悪いところが見つかりません。

ここはオススメして紹介できます。

まとめると

・デポジットが日本円・免許書などOK

・スタッフも若くて優しい

・セキュリティも安心

・設備もいい

・デザイン性が高い

・虫の心配もなし

・チェックアウト後荷物を置いておける

・Wi-Fi・電源確保

今回は1泊¥1794(日本円)でした。

この値段でこのクオリティは素晴らしい。

Urban Pack アーバンパック

 

Days Hotel

次は同じく尖沙咀。

重慶大厦内10階にあるDays Hotel(デイズホテル)

宿の詳細は前回紹介したのでこちらをぜひ↓

こちらは香港の洗礼を受けるシャワーとトイレ近すぎ問題がありますが、虫も出ずに特別悪いところは無かったです。

 

香港っぽさを感じれる?Days Hotel

こちらは今回1泊¥1238(日本円)

この値段でゆっくり寝れたのでいいと思います。

・デポジットはHKD$

・スタッフは陽気なおばさまメイン

今回泊まった部屋はなぜか常にドアが半開き

・基本設備は有り

コンセントが1段目のところに少ししかないので奪い合い

・『福』と書いてあって香港?中国?っぽい

・虫は出ない

・Wi-Fi問題なし

安くて泊まるには問題ありません。

Days Hotel デイズ ホテル

 

Apple Inn MongKok

次は尖沙咀から少し北に移動して旺角(モンコック/Mong Kok)エリアに。

地下鉄でも2駅、花園街(スニーカー通り)や通菜街(女人街と金魚)もありショッピングもできる活気あふれる街です。

今回最安¥985(日本円)

こちらのビルの13階。

こちらも上がると案内がありますがイマイチわかりにくいです。

フロントに着きチャックイン。

対応は淡白な感じでチェックインできたの?って感じでした。

部屋は1つ下の12階。

階段で下ると急に感じが変わります。

部屋に入るにはフロントで受け取ったパスで入れます。

 

設備は?

中には共有のポット・レンジ・湯沸かし器冷蔵庫。

監視カメラも付いています。

こちらの赤い扉の部屋みたいです。

部屋のパスで入ります。

中はこんな感じ。

4人ドミトリー。

広くはなくほぼベットの上になります。

よく見るフレーム2段ベット。

扇風機があります。

そして

今回で一番近いトイレとシャワー。

近いというよりトイレの上にシャワー。

どう頑張っても便座が濡れます笑

ベットには小棚が。

鍵はありません。

エアコンは付いてますが場所によっては直で当たります。

窓の外は香港らしい風景です。

ドライヤーはありません。

ロン毛には痛い。

コンセントが一つ一つのベットの上と扇風機の横だけなので正直使いづらいです。

 

寝るだけなら立地もいいので問題ないかなって感じ

チェックアウトもフロントで「チェックアウト」て伝えて終わりです。

設備が少し物足りない部分も感じますが、寝るだけならまあなんとかって感じでした。

虫は基本的に出ません。

が、同室の人がカップ麺を食べてそのままゴミ箱に捨てていたので少しアリは見かけました…。

この日のBooking.com最安だったのでこんなものかな。

・デポジットはHKD$

・スタッフは素っ気ない

・部屋のセキュリティは有

個人の持ち物は自己管理

設備は最低限

虫アリが少々

・Wi-FiOK

・電源奪い合い

立地も良くて安いのでコスパはいいかなと。

Apple Inn-MongKok(アップル イン モンコック)

 

自分に合ったゲストハウスを選ぼう

海外に行くと特にゲストハウスはたくさんあります。

実際に泊まってみないとわからない部分も多いですが自分に合ったゲストハウスを選びましょう。

値段・立地・広さ・設備・雰囲気

などなど。

高いには高いなりの、安いには安いなりの理由があります。

経験としていろんなゲストハウスに泊まってみるのも旅の楽しみの一つかなと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1994年誕生 高校まで長崎⇨専門学校を福岡⇨ 現在東京 高円寺で美容師/ 東京 阿佐ヶ谷 シェアハウス未来人アジト 現住民/ 赤い人/ 世界を見たい!! ふと、そう思ったNAOTO。 フォックス面🦊/赤い人 として旅します。