【浅草地下街】東京で一番古い地下街?!浅草で観光せずにレトロを感じてきた。

狛犬ならぬ狛狐”フォックス面”こと

どうもNAOTO#yama7010nao)です。

フォックス面についてはこちら

 

地下

この言葉を聞くと、(特に男性)どこかワクワクするような気持ちを思い出しませんか。

そんなワクワクする場所が浅草にあるらしい?!

浅草といえば、雷門・浅草寺・人力車…など、観光の定番がぎっしり詰まっています。

そんな観光スポットに地下があるわけないよ〜。

 

浅草の地下にあったのは”浅草地下街”

とりあえず浅草に向かってみた。

雷門や

浅草寺

浅草といえばやはりこの二つですよね。

こんなところに地下なんて・・・

あった!

しかも松屋の下!

浅草地下街???

大型百貨店の下に地下街って、どうなってるんだ?

好奇心がどんどん刺激されます。

 

入り口は二箇所

地下街に入る入り口は二箇所あります。

一つは今紹介した 松屋 浅草店 のすぐ近く

もう一つは仲見世商店街を少し脇道に入ったところ。

こっちの入り口の隣にはケバブ屋さんがあります。

そこの外国人スタッフは陽気すぎて、撮影中にもピースを入れてきます。

そのあとしっかりケバブを勧めてくるので、押しに弱い人は松屋入り口からをお勧めします。

ちなみに今回NAOTOはケバブ入り口から入ります。

(※東京メトロ銀座線 浅草駅 改札出口からも行けます)

 

戦後の東京で一番古い地下街

約50年ほど前に作られ、戦後の東京で一番古い地下街らしいです。

今でも昭和のレトロっぽさを残しているようで。

入って行くと確かにレトロ感漂う。

 

 

意外とお店が多いような。

そんなこんなで、あっという間に地下に到着。

地上とはびっくりするくらい空気が変わります。

確かになんだか懐かしいような。

一通り歩いてみます。

(浅草駅改札側から)

気になるお店がたくさんあります。

少し見てみましょう。

 

地下街のお店は昭和そのまま?

この

お店なんかよりよっぽど気になります。

雨漏りを傘で防いでるらしい。

どうやって取り換えるんだろう?

 

忍者場 NINNJABAR

忍者がいるBarなのでしょうか?

この時間はCLOSEDだったためわからず。

 

駅より安い!!コインロッカー

200円。

荷物取扱時間 5:10~23:50

普段コインロッカーを使わないので安いのかわかりません。

バリューコーナーと書いてあるこの自動販売機も安いのかと思って見ると…

通常の値段でした。

 

楽になる 体が 10分で

10分1000円のマッサージ。

空いた時間にふらっとマッサージにはいいですね。

英語でもメニューが書いているので、海外の方にも対応しています。

(60分だと6000円…)

 

体に触れて電気と氣功を感じる それは電気氣功です。

こちらにもマッサージがあります。

しかも電気氣功とはなんぞや?!

こちらも10分1000円。

どちらも試してみてお気に入りを見つけましょう。

 

700円で一流技術者

大阪・新世界の床屋に並ぶ安さ!

うまい はやい 魅力の店

この感じのお店のキャッチコピーは自信満々系が多いですね。

好きです。。

女性はショートのみ

子供は四年生以上

の決まりがあります。

成人で男性でロン毛の私は大丈夫ってことですよね?

また西成の床屋みたいに断られそう。

 

靴屋さんのようなDVD屋さん

見つけるのが大変なくらいのDVD。

お店の名前は、”浅草シューズ”

 

地下街の鉄板焼きそば

福ちゃん自慢の麺!

写真からもソースの匂いが漂います。

浅草ランチにもってこい。

 

睡魔との戦い

髪を切ってさっぱりし、お腹もいっぱいになり、マッサージで気持ちよくなるとついつい眠たくなってしまいますね。

でもウトウトしていると

御用にならないことを願います。

 

レトロ感って子供の頃に戻った気持ちになるからだよね

まだまだ、閉まっていて見れなかったお店がいくつかありました。

が、確かにレトロ感漂う空間です。

大正感や昭和感だからレトロな訳ではなく、NAOTOは平成生まれなので子供の頃ももちろん平成。

平成感でもレトロなわけです。

レトロ感って自分の子供の頃に戻った気持ちになれる懐かしい感覚のことを言うのかなと。

ここの地下街も大阪の西成も確かに汚かったり危ないこともあるけど、

人の温かみに触れたり、子供の頃のようになんでもないことで楽しめたりするから好きになるのかもしれない。

浅草来た時はこの地下街に寄って帰ります。

 

アクセス

場所 浅草の地下 

時間 お店による

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA