【Aさんの庭】宮崎駿監督も愛した「トトロが住みそうな家。」ジブリの世界に迷い込んだような癒しの空間。

狛犬ならぬ狛狐”フォックス面”こと

どうもNAOTO(#yama7010nao)です。

フォックス面についてはこちら

 

おしゃれな家・広い庭・自然いっぱいのガーデニング。

将来家を持つときに憧れる要素ですね。

でもそんな、家の三大要素といっても過言ではない三つを手に入れるためには実際のところmoneyが必要です。

今はまだまだそんな余裕はありません。

でも、気分だけでも味わいたい!

そう思って今回訪れたのはここ!

Aさんの庭

Aさんの庭とは?

「Aさんの庭」には、かつて、昭和初期の杉並の文化・生活を今に伝える歴史的な住宅とみどり豊かな庭がありました。

「トトロが喜んで住みそうな家」として、宮崎駿監督著「トトロの住む家」で紹介されるなど、地域のみなさんにも親しまれ、住宅が取壊されそうになった時には、6,300余の住宅保存の署名が集まりました。

しかし、平成21年2月、火災により住宅は焼失してしまいました。

ところが、この地をよく知る宮崎監督から区へ公園デザインの提案の申出がありました。

-杉並区公式ホームページより抜粋

しっかりルールも決まっています。

こんな感じです。

東京・杉並区阿佐ヶ谷北にあるレトロな建物とおしゃれな広い庭を兼ね備えている公園です。

あのジブリ・宮崎駿監督がトトロが住みそうな家と言ったほど!

ちなみ「Aさんの庭」というネーミングも宮崎監督の発案なのだそうです。

Aさんとは「公園を訪れるみなさん」のことで、さらに「阿佐ヶ谷」の「A」の意味合いも含まれているという説も。

では早速中に入ります!

 

入るとまずは

レトロ溢れる建物

色合いといい木造の感じといい洋風なおしゃれな建物があります。

現在この建物はみんなのトイレ兼防災倉庫となっています。

男子トイレ

だれでもトイレ

なんだろー。おしゃれに見えてしまいます。

 

そして建物の右側の木の門を抜けます。

その先には

自然豊かな庭

こんな庭に憧れます。

見渡すと

自然。

自然。。

こんな大きな木まであります。

少し進んでみると

子トトロが走っていそうな石の道があったり

メイとさつきがいそうな井戸があったり

トトロが寝ていそうな芝生もあります。

ちなみにここの芝生の場所は旧住宅跡です。

当時の住宅の見取り図も展示しています。

きわめつけはこれ!

グリーンカーテンならぬグリーン屋根のあるベンチ!

この木陰でゆっくり涼しんで休憩する時間は格別です!

屋根は緑が敷き詰められています。

見ているだけで涼しくなりますね。

 

また敷地の中には建物・庭だけではありません。

 

トトロ?な木

トトロをイメージしているのか?と思ってしまう木。

 

鳥小屋もおしゃれ

このいい感じに組み立てられた木々。鳥たちも争奪戦です。

 

鳥小屋の隣に

「Aさんの庭」の案内板

ボードもおしゃれ。

施設内の地図もあります。

 

とにかくおしゃれで癒される空間

見れば見るほどマイホームにしたくなりますね。

日々 仕事や学校、何かと悩みが多い現代。

少し時間に余裕を持ち「Aさん」となりのんびりした癒しの空間を楽しんでみては?

こんなマイホームを手にする日はいつ来るのやら…。

あ〜トトロが見たい!!

 

ちなみにこの日はシェアハウス・未来人アジトオーナーのゆうきちゃんは瞑想をしていました。

心を落ち着かせてもっと僕たちに優しくしてくれ〜笑

(はい。いつも優しいです…。)

 

アクセス

住所 東京都杉並区阿佐谷北5丁目45番13号

時間 

 

この日、日の出を見たくて開門時間を調べずにAM4:30に「Aさんに庭」に向かった僕。

もちろん入れないというミスを犯しました。

でも、朝は朝でいいなぁ〜、、、

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA