【高尾山】必ず一度は行きたい!!都内にいても自然を満喫したいあなたはまずここへ!

 

狛犬ならぬ狛狐”フォックス面”こと

どうもNAOTO(#yama7010nao)です。

フォックス面についてはこちら

 

都会にいると自然を感じる機会が少ない!と思う方も多いのではないでしょうか?

特に地方から出て来た人はより感じると思います。

僕も実家(長崎)にいた時は、坂を10分程度の登ると山があり子供の時はそこで秘密基地を作ったり探検したりして遊んでいました。

しかし東京(都会に出てくると)大自然はどこにあるの?

大都会になればなるほど便利に生活できますが自然とは離れて行きます。

でもたまには自然を感じながらリラックスしたい時があります。

そんな時はここに行こう!

高尾山

世界最高の登山スポット高尾山

高尾山の麓、高尾山口駅。高尾山の名物ともいうべき蕎麦屋、お土産屋などのお店が立ち並び、駅から少し歩けば、そこには東京とは思えない景色が広がります。昔ながらの蕎麦屋で登山を始めるまえに一息つかれるのも良し、登山のあとは、テレビで何度も放送されたあの美術館で楽しむも良し!高尾山口には、高尾山をもっと楽しめるスポットがいっぱいです!高尾山口の情報をチェックして、あなただけのすてきなプランを☆

-HPより

都内から約一時間でこんな大自然を感じれるなんて。

ほんと便利になりました。

 

高尾山口駅

京王線高尾山口駅

 

はじめこの駅を見た時、

僕の名前は山口(やまぐち)、地元は高尾町(たかおまち)。

やはり高尾山に呼ばれてたんだなと思いました。

 

今回も駅にいた方に撮影を頼みました。

快くOKしてくれたおばさま。Iphoneカメラを使いこなせてない模様。

今回もしっかり連写されました!

(ちょ、早い!)

(急いで構える。)

(O~K~!)

(連写…もういいよー笑)

ピンク髪のおばさまありがとうございました!

 

駅周辺には

温泉 極楽湯

お料理を注文すれば足湯を無料で体験できるイタリア料理店や、

高尾山トリックアート美術館などもあります。

登山前、下山後もゆっくり楽しめそうです。

(トリックアート美術館、B級感が漂いますね。今度行ってみよう。)

 

ハイキングコースは6号路まであり、難易度やみたい景色、スポットによって変わります。

時間短縮や体が不自由な方にも楽しんでいただくためにケーブルカー・リフトもあります。

この日はケーブルカー運休でした。事前のチェックをお勧めします。

今回僕は初めてだったので、定番の1号路 表参道コース3.8キロコースを!

 

1号路は初めての人や初心者の人が比較的登りやすいように道が舗装されています。

坂で有名な長崎育ちには楽勝楽勝!そう思ってました…この時までは。

 

1号路 表参道コース

ではLet’s 登山!

軽快に足を進めて行きます。

(ケーブルカー乗り場。今回はここには目もくれず。)

 

舗装されているコースとはいえ周りは自然がいっぱいです!

(山登り感。笑)

緑!ミドリ!MIDORI!

緑の癒され効果で足取りが捗ります。

道中にはいろんな見るところがあったり

ふっとい切り木があったり

猿が出たり

ウキウッキ〜(ウキウキ)します。

 

 傾斜15°

歩くこと2、30分。

ふと足に疲労が。

傾斜きつくないか?

測って見ると

15°?!

15°のキツさに驚きつつ、Iphoneで傾斜を測れることにもっと驚きを隠せません。

ちなみに傾斜といえば

世界遺産ピサの斜塔は約4°

マイケル・ジャクソンは約45°と言われています。

(マイケルまさかの失敗)

坂に慣れ親しんだ長崎人でも足にきます…

 

誘惑の数々

道中、足を止めさせる誘惑がたくさんあります。

(喉が乾きそうな)おいしそうな高尾山チーズタルトや

(喉が潤いそうな)力ソフト-riki•soft-や

(またまた喉が乾きそうな)3つの福をゲット 三福だんごも。

今回は三福だんごをいただきました。

まるできりたんぽのように炭火焼きにします。

こんがり焼け目。

特製くるみ味噌をたっぷり付け完成ー!

くるみの甘さと味噌の深みがあり美味しかったです!(喉が乾きましたが)

 

景色が良い

グルメもさることながら景色も最高

登って行くごとに見えてくる景色も違ってきます。

中腹での景色です。

だんごが似合います。景色にですよ?僕も食いしん坊なので似合いますが…

 

そしていよいよ

山頂到着

マンテンビューですわ!

フォックス面も無事登頂!

乾杯!ここでの乾杯は格別ですよ!

景色とビールを堪能したら帰り道は違うコースで。

下山 4号路

帰り道は4号路から帰りました。

行きと帰りで違う道を楽しめるのもコースがたくさんある高尾山ならではですね。

そんなこんなで無事下山。

下山後、行列ができるお蕎麦やさんで人気のとろろそばをいただきました。

動いた後は疲れで食欲が無くなりそうですが、蕎麦だとさっぱりするっと食べれるのでいいですね!

ごちそうさまでした。

 

天狗

高尾山といえば”天狗”と言われるほど天狗にゆかりがあり祀られています。

初の天狗との共演。

カワイイ天狗もいるよ。

天狗になりたい方は

 

 

猿もゆかりの地?

道中にサル園がありました。

なぜサル?サルとゆかりがあるのでしょうか?天狗を捕まえて天狗園をしてほしい。

 

ウッキーと飛んできそうです。

 

楽しみ方は人それぞれ

高尾山は山なのでもちろん登山をするのですが、グルメや絶景、サル園や探検など楽しみ方は様々あります。

コースもたくさんあるので何度行っても違うルートで楽しめます。

各々、時間と体と相談して自分にあった楽しみ方を見つけてみてください。

大自然に触れてリラックスして自分を見つめ直す時間をとりましょう。

 

次の日見事に筋肉痛になりました…

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA