タン好きの人これは食べたことある?淡々とタン(舌)を食べてきました。しかも、かも(鴨)のタン。

狛犬ならぬ狛狐”フォックス面”こと

どうもNAOTO(#yama7010nao)です。

鴨って食べたことなかったカモ…。

鴨肉を食べるお店はたまに見かけるけど 鴨舌(タン)を食べるお店は初めてでした。

鴨の舌!

 

今回はここ!

中華小皿料理

聖(ひじり)

 

 

 

今回はW(ダブル) NAOTOで有名な同期のNAOTOが同行してくれました。

NAOTOはアメリカでビックになる!?らしいです。

# naonaoto723

高崎直人

アメリカ好きの方はぜひどうぞ!

 

行き方

東京都 大田区 蒲田 5-10-1 奥村ビル1F

JR蒲田駅東口から徒歩3分。

僕の足の短さだと5分かかります…

お店を訪れたのが11:30ごろ。

お客さんはまだ誰もおらずランチタイムが始まったばかりでした。

 

やっぱり中華屋さんはメニューが豊富

小皿料理と謳ってるだけあってさすがのラインナップです。

ドリンクも豊富。

ランチもバッチリ中華ですね。

メニュー表に収まりきれず

 

お店一面 メニューだらけです。

 

ジンジャーエールで乾杯

そもそもこのお店に入ったのもこの日、蒲田で会議がありその前に昼食を取ろうと探していたところたまたま見つけたお店です。

この後会議があるためお酒は控えてビールっぽいジンジャーエールで乾杯しました。

真昼間からのジンジャーエールもいいものですよ!って普通ですね。

 

料理がボリューミーすぎる

実はこの日、朝ごはんを抜いていてお腹が減っていたので

しっかりランチメニューを注文。

⑤ホイコーローにしました。

すると店員さんが

「ライス チャーハンに変更しますか?」と。

ご飯屋さんでライスをチャーハンにグレードアップするとき大抵は追加料金になるので考えていると

「タダで変えれるよ〜」と。

即チャーハンですね。

しかもこのランチチャーハンへのグレードアップだけでなく大盛り無料。

漬物・サラダ・鶏肉の唐揚げ・スープ・デザート。

定食のフルコースです。

おまけで唐揚げが付くってなんと良心的なお店なんだ。

少し食べかけですがサブメニューだけでお盆を制覇しています。

そんな中、気になる写真が。

これはなんだ?

 

鴨の舌のネギ生姜炒め 香港風

これは食べるしかない!

即注文。

まあまあのインパクト。

いざ実食!

 

しっかりとした味付けで濃いめです。

後味が少し独特の鴨臭さ?がありますが食感も柔らかくて食べやすく美味しいです。

食べ方は骨つきチキンのような感じですね。

これが香港の味か!

ちなみに前回は上海を堪能しました。

 

ただ食べている感じはなんだかゲテモノ感が漂う。

(遊んでいるわけではございません)

美味しかったので一人で完食!

同行してくれたNAOTOはシルエットが苦手らしく鴨には手をつけませんでした。

満足げにランチを堪能しています。

 

食べ終わったと思っていたら店員さんが

「付け根も食べれるよー」とのこと。

はじめ持ってきたときは食べれないって言ってなかったか?

せっかくなので食べてみます。

うん。硬いよ。

骨?軟骨?のような感じでした。

歯の脆い僕には硬すぎるかも…

 

何はともあれ ランチも鴨の舌も美味しく完食することが出来ました。

 

味も中国語も堪能できるお店

店員さんも中国の方でたまたまお店も混み合ってなかったので少し中国語も教えてもらいました!

「好吃(ハオチー)」 おいしい

これしか覚えていませんが。

鴨の舌を食べたい方も 中華料理食べたい方も 中国語話したい方も

蒲田に行った際はぜひ行ってみては?

 

B級・ゲテモノはこちらも

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA